2012年12月12日 (水)

ひさびさの茅場町

100_0612_2

吉野家の脇のB1にある欧風カレー屋さんが大変美味でした。

2012年12月11日 (火)

タツノオトシゴ

100_0610_1_2

しばしスランプでしたが、気分は回復中。

鉄撮り、続けるよ。

2012年12月 6日 (木)

Time Slip

あまりにいい感じの街並でしたので、柄にもなくスナップを掲載します。

100_0596_2

100_0598_2

100_0599

100_0601_4

コダックM532、軽量コンパクトで携帯性には素晴らしいです。が、画質としては大アマで見てぎりぎりでしょうか。

2012年11月30日 (金)

あしもとのきせつ

100_0592_2

2012年11月23日 (金)

秋すすむ

100_0585_1

ペンタックスにこんなフィルターがあった気がします。。。

しかし普及帯のコンパクトカメラは使いづらい。今時のスマホのカメラよりしんどいかも。とくにフォーカスがどこに合っているのかわからなすぎです。。。

いいコンパクトが欲しいのだけど(連れの持っているRX100以外で)、なかなかパーフェクトのものはないですね。。。

2012年10月11日 (木)

近況

100_0549

(中身の伴った)更新があまりできず、少し心苦しいです。


2012年8月20日 (月)

車窓


100_0512_2


フォトブックを2冊仕上げてこのお盆を終えました。A4横サイズのハードカバー。オリンパスのib on the netで製作してもらっています。一冊はフランス旅行、もう一冊はプライベートものです。いまのところ周囲では好評です。
 自分たちの分はE-5&ZD12-60とRX100。プライベートものはプロの撮影したD300が中心。カメラが出た時期が異なるので単純には比較できませんが、E-5&12-60ではほとんどf4で撮影(望遠側はf4~5.6)しているからかもしれません、四方隅々かちりとした描写で一番良かったですね。前にも書きましたがD300は人肌と背景の色のバランスがなかなかうまくとれず現像に苦労しました。やはりオリンパスの画像が刷り込まれてしまっているようです。オリンパスの画像はかなり大胆にトーンカーブをいじっても色のバランスの破綻が少ないのですが、ソニー製センサーの画像はすぐにおかしくなりますので私には使いづらいです。シグマはもっと自由度がありません。私の目にはペンタックスの画像も不自然に見えるときがおおいのですが、D300はさらにそんな印象です。
 ちなみにRX100ですが、まあ巷で言われるほど(たとえば5DIIIに匹敵するなど)すごいとは思いませんが、A4フォトブックならおつりがきます。発色は地味目と思いますが、これは高感度やハイライトなどハイアマが観ているベンチマークを優先して画像作りをしているからだと(勘ですが)想像しています(上記のRGBの自由度の少なさも同じ要因とにらみます)。それから、観光地などで人に撮ってもらうとなるとコンパクトが一番露出などに失敗がないのですが、構図はだいたい失敗します。その意味で2000万画素あればトリミングが自在にできるので大変ありがたいです。旅行の記録はこれで必要十分でしょうか。

 ひさしぶりにSD1Mのユーザーレビューを価格コムで観ていました。以前E-5と比較して等倍で見て圧倒的な優位性を見いだすのは難しいと述べましたが、今でもそんな印象です。汎用性のある一眼と併用してホームランを狙う、そんなカメラだと思います。秋にはまた持ち出してあげようと考えています。

 週末ミッドタウンの富士フィルムスクエアに行き、植田正治さんの作品を拝見しましたが、撮影手法、現像手法を考えるとすばらしい創造性だと思いました。一度鳥取に行かねばいけません。
 その後フジの説明員の方にX Pro1についていくつか質問をしたのですが、あまり要領を得ない回答ももらい大変残念でした。。。例のプリントサービスの参考作品すら並べていないとは。。。

 SL、月一くらいで撮ってますが、載せるようなものがなくてすみません。もう少しだけお待ちください。

2012年8月 2日 (木)

隣の芝生

100_0508

以前ほど機材を買い替えてどうのという気がなくなったのですが、ふとフォトパスポイントを見ていたら私の持ち点の半分は今年の年末に消滅してしまいます。

希望としては、E-5後継機ないしE-M5の上位機でZDレンズ(のAF)をストレスなく使える上、OVFアダプターがあるものを望んでいますがどうなるでしょうか。

最近密かにパナのG5に注目しています。これに12-35と35-100をそろえるとメインシステムに早変わりしうると思っています。隣の芝生が青く見えます。

***
ひさびさに取り出したM532、光量が十分な場面では文句ない描写です。やはりCCDの方が好ましい気がしますね。


2012年3月11日 (日)

Architecture

100_0186_2

無性に欧州に旅立ちたくなる今日この頃です。


2012年3月10日 (土)

face

100_0184_1

最近は専らコンパクトにたよる症状です。
日常を記録するに、操作性が高く、撮影性能がしっかりした機材を欲しています。
M532は、光量が不足する場面では少ししんどいかなあ。でも光がある場所では想定以上の働きです。
最近はもっぱらトライエックスモードでモノクロ撮影を楽しんでいます。

旅のお供にXZ−1が欲しくなってきてしまいました。今度のキヤノンも良さそうですねえ。


より以前の記事一覧

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ