2009年11月15日 (日)

秋彩の橋

Imgp2241_silky_3 

漸くパレオらしい一枚を撮りました。

私が鉄道撮影を再開したきっかけが2006年のGWのパレオ撮影でしたので、それだけ思い入れのある路線です。

カマに優しいパレオですが、今日はギャラリーへのファンサービスでしょうか。有難いですね。

***

今日はK-7のカットを。オリンパス機に比べてローパスフィルターの効きがゆるく解像感はやや高く感じます。また、一般的に言ってダイナミックレンジは広いです。

 一方レタッチ耐性はいまひとつでしょうか。現像過程で色のバランスを維持するために工夫を求められます。オリンパスのRAW画像はこのあたりは大変扱いやすいデータセットです。不思議です。AFについては未だにオリンパス機の方が測距点の配置と合焦速度のバランスで一枚上だと思います。私は、このあたりの使い分けを念頭に併用しています。

 どうも最近のカメラはモニターの彩度が高すぎて持って帰ると全然異なる印象になることが多いですね。

2009年8月26日 (水)

収穫の季節へ part2

Imgp2040

現像にてこずりましたがえいやと投稿です。

カメラモニターで見たときはOKだったんですけど、PCに移すとどうもピンやぶれらしきものが気になりますし、なにしろ手前の花びらの解像がうまくできれていません。。。おかしい。

とはいえ、アートと思えばちっとも気にならないんですけど。

自己満足の一枚です。

2009年8月16日 (日)

季節はめぐる

Imgp2075_2

2009年7月12日 (日)

K-7 シェイクダウン

Imgp1906 今日は新宿に用事があり、Pentax ForumによってK-7のチェックをしてもらいました。若干の前ピン調整をしてもらっただけでレンズともどもすこぶる順調なようです。日曜の午前でしたがいろいろな方がお見えになってました。

 これは点検終了後ビルを出たところで。レンズはDA☆16-50です。風景写真を撮るためにばかり使っていたのでこうして寄って撮るのははじえめて。なかなか湿度にあふれた描写になりますね。

 webではK20Dと設定が変わって「画質」がいまひとつとの話もでていますが、ペンタックスの方にお聞きすると素のRAWは同じ設定で特にシャープさ、ノイズでK20Dを上回る仕上がりとのことです。K20Dと同じ設定で構わないと言われましたので、ファインシャープ+2とし、念のためK-7だけコントラストを+1にして運用してみます。

 そのあとヨドバシカメラによってみると、発見が3つ。

●シニアの方がE-P1を買っておられる、触っておられる。私が考える以上にE-P1は注目のカメラなんでしょうね。焦点距離が2倍になるとはいえ、往年のレンズをつけて楽しめるのはいいですね。私はロッコールやズミクロンあたりを試してみたいです。

●お若い女性がD700をお求めでした。ちなみにさんざんバケペン(67IIN)で遊んだあとだったのでD700のミラーショックの小ささにはびっくり。

●シグマの山木社長とおぼしき方が私服でご来店。シグマ店員とお話しされてました。

山木さん、SD15、待ってますよ!

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ