2013年6月 9日 (日)

矢切の渡し

P6095200

30年ぶりぐらいでしたが、矢切の渡しに乗りました。のんびり水面を進みます。そよ風が心地よい。対岸すぐにバス停があり、柏駅まで行けます。

***

子供の頃は親に連れられて柴又駅〜帝釈天〜矢切の渡し〜里見公園〜国府台駅というのがGWの散策コースのひとつでした。当時は片道100円の記憶、現在は200円です。

2012年6月 2日 (土)

写真館

P6022221b


2012年3月 4日 (日)

進取の精神

P3041588bw


P3041593bw


P3041595bw


P3041603bw


P3041606bw


P3041622bw


たまにはキャンパスで撮影してみました。

2012年3月 3日 (土)

待機

P3031539_1

ここ数日書いているように、本当にひさびさにコンパクトを、それも普及帯の機材を手に撮影してみて、いままでのデジタル一眼に対するこだわり的なものがすっかり的外れだったのかと思えてならない。
 さきほどXZ−1のレビューサンプルを見ていたが、F4で素晴らしい画質が得られている。XZ−2はおそらくAFまわりを劇的に改善するのだろうと予想しているが、さてどうであろうか。

 

2012年2月26日 (日)

英雄

P1011450_1


2012年1月19日 (木)

who can it be now?

P1011332_2

***

ここ数日書いていますが、OM-DやX-Pro1の登場のタイミングとは関係なく、自分の中で自発的にミラー付一眼への関心が薄れていることを自覚しています。

これは、うーん、少し表層的に言えば、カジュアルに撮りたいという意識の変化を明確に感じているからです。ですので、はじめて自分の中でミラーレス機への心理的障害がはずれていくのを感じています。

そういう意味ではリコーであり、富士は本当にいいところをついてきた(デジタル一眼が機能的にsaturateしてきたときに、代替案を提示してきたという意味で)と思います。

2012年1月17日 (火)

留める

P1011368

もしm43を買うならどの単焦点にするか、富士のX-Pro1もいいな、いやリコーのGXRか、などとくだらないシミュレーションをしてしまいました。物欲の冬、回避したい。

***

ただもし新たにマウントを入れてしまうなら、大切な基準は「威圧感のないカメラ」かな。

もっと気軽に人の中でも撮るための道具。人が入る場合でもその方々に威圧感や嫌悪感を与えない道具。はじめてライカが普及した時の、あるいは初代PENが普及した時の、あの感覚を与えてくれる現代的な道具がいい。

2012年1月15日 (日)

重いカメラはしんどいなあ

P1011327_2

E-500にVE14-150をつけて出歩くことが多くなった。

ローカル線の撮影に出る時も敢えてこのコンビのみ、手持ちオンリーというケースが出てきた。

このレンズ、100mm(換算200mm)を超えてくると解像が若干悪くなるが、それ以外はほぼ万能。E-500のバッテリー部分のグリップが携帯性を増している。合わせて1kg。自分の適性な機材重量だ。

丁寧に撮影し丁寧に現像すれば800万画素でA3まではいけることは実証済み。

年末か年初に書いたが、来年用に自前のミニカレンダーを作る目標を掲げており、この素材を求めてこまめに撮りためていくつもりです。

続きを読む "重いカメラはしんどいなあ" »

2012年1月14日 (土)

お家に帰ろう

P1011296_1

最近、東東京を巡る機会が増えています。
東京タワーが立ったとき、高層ビルのない東京の各所からひときわ高く見えたであろうその心象を、スカイツリーと東東京の町並みに写し見ています。
東武亀戸線に乗る機会がはじめてできましたが、新鮮です。

こどものころ友人の一人が東武沿線に住んでいたのですが、彼は鉄道模型が趣味で、彼の考えるレイアウトの複雑なポイント接続を不思議な気持ちで見たことを思い出します。東武の線路は大変魅力的な配線になっています。曳舟駅や鐘ケ淵駅あたりは模型ファンには大変魅力的ではないでしょうか。


2012年1月 1日 (日)

本年も宜しくお願いいたします

P1011168


より以前の記事一覧

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ