2010年2月24日 (水)

新緑のころ

P5120192_01_silky_revisited

春めいてきましたので、大糸線つながりで3年前に撮影したものを載せてみます。

本当なら5月末までキハ52で行ってほしかったです。

2009年9月 2日 (水)

秋に向けて

Pb100760_03

2009年4月27日 (月)

徳佐にて

天気は悪かったのですが、水張りが進んでいました。

日本でも有数の素敵な田園風景です。

P4268874_silky

P4268875_silky

2009年4月24日 (金)

Insulator

P4242375_2E-410 & ZD40-150にて。

2008年12月16日 (火)

カレンダーの更新

毎年この時期にはカレンダーの更新ですね。

個人的な感触ですが、どうも医療関係の会社のカレンダーは質が高いと感じています。

これはおそらく医療機関へカレンダーを贈答しているので、上質のものを作りたいという気持ちだからでしょうか。私は医療関係の仕事では全くありませんが、たまたま昨年気に入った写真が載っていたのが医療関係2社でした。

そして案外その写真に影響を受けている気がします。

この写真も、撮っているときは無意識ですが、帰って整理している間に、「あ、あの写真の影響だな」と気づいた一枚でした。

(E-410&ZD14-54)

Pc164059_silky_blog_3

2008年11月19日 (水)

紅葉を有栖川記念公園にて

Pb193959sqd

少し割り切りを覚えたのでしょうか?

白とびを無理に抑えるよりも白いキャンバスと思った方がいい時もあります。

そしてトリミングとRAW現像についても潔癖症ではありませんし、

ちょっとしたアレルギーもなくなりました。

もちろん撮影データという素材のレベルが高い方がいいに決まっていますが

フィルム写真だってフィルム・印画紙の選択、フィルター利用、焼き方の工夫はまさに現像作業。

デジタルであっても、「嘘」にならなければ自由に表現したほうがいいでしょう。

その方が勉強になります。

***

さて、それでも今日は豊漁ではありませんでした。あしからず。

2008年11月18日 (火)

久しぶりに富士フィルムサロンに立ち寄った

街歩きをしていたら、帰り道を間違え、なぜか東京ミッドタウンについたので、引き寄せられるように富士フィルムサロンによってみました。今回は「第十二回AMATERAS展 太陽月空海大地」という展示で、中判フィルムカメラで撮影された素晴らしい自然の写真を楽しみました。これは本当に素晴らしいので、無料ですから、お時間があればぜひお立ち寄りください。

一方、ある商品の照会でSHOPに立ち寄りましたが、要領を得ない回答で不満です。富士フィルム、しっかりしてくれ!

その後、せっかくなので、ミーハーながらライトアップを見てきました。ぜひアルバムをご高覧下さい。

http://2006monolith.cocolog-nifty.com/photos/20081118_/pb183934blog.html

2008年9月 6日 (土)

黄色いゴーヤ

P9062054blog

実家の家庭菜園にて。E-410 & ZD14-54。

実家ではゴーヤは原則食しているのですが、これはそのままにしておいたそうです。

あの艶やかな緑色のゴーヤも、黄色くなるのでしょうか?中には赤い実が見えました。

側の栄養価は緑のころと比べて半減するようですが、種の周りの赤いところは甘くて食べれるとwebにありました。

2008年6月15日 (日)

スクエアの情緒

P6141860sqdblog

スクエアにトリミングしてみました。C57には雲がかかりやや暗い中、ライトとナンバープレートが光ります。一方、後の木々には夕方の柔らかい西日がソフトな雰囲気をだしています。こんなとき、スクエアにするとこの対比がうまいバランスで出せますね。

2008年5月27日 (火)

都心に初夏の訪れ

空き時間に初夏を探してみました。

http://2006monolith.cocolog-nifty.com/photos/20080527_/

より以前の記事一覧

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ