2012年8月21日 (火)

快方を祈る

P6099774


2011年7月21日 (木)

コックピット

P7177046_169

2010年5月10日 (月)

Toy Photo

P5097266

2009年11月15日 (日)

秋彩の橋

Imgp2241_silky_3 

漸くパレオらしい一枚を撮りました。

私が鉄道撮影を再開したきっかけが2006年のGWのパレオ撮影でしたので、それだけ思い入れのある路線です。

カマに優しいパレオですが、今日はギャラリーへのファンサービスでしょうか。有難いですね。

***

今日はK-7のカットを。オリンパス機に比べてローパスフィルターの効きがゆるく解像感はやや高く感じます。また、一般的に言ってダイナミックレンジは広いです。

 一方レタッチ耐性はいまひとつでしょうか。現像過程で色のバランスを維持するために工夫を求められます。オリンパスのRAW画像はこのあたりは大変扱いやすいデータセットです。不思議です。AFについては未だにオリンパス機の方が測距点の配置と合焦速度のバランスで一枚上だと思います。私は、このあたりの使い分けを念頭に併用しています。

 どうも最近のカメラはモニターの彩度が高すぎて持って帰ると全然異なる印象になることが多いですね。

2009年3月22日 (日)

何を撮りたかったかというと

P3218485_169

16:9トリミング。

さて、次週末はどうしましょうか。山口もいよいよ始動ですが、逆張りで真岡と考えています。集客は翌週でしょうから、ギャラリーは少なめとみています。

2009年3月21日 (土)

平成21年 パレオ初撮り

本当は菜の花を狙ったのですが、なかなかいい場所が見つかりませんでした。

P3218487

左下には少年が半分入りました。せっかくなら全身入ってくれればよかった。残念。

P3218499

次回は新緑のころですね。

2008年11月29日 (土)

今年最後のパレオ撮影

あと三日運行されますが、私は最後の出撃になりました。

小前田のこのポイント、色彩は完璧ですが、周辺・背景の処理は難しかったです。

このようにサイドからですとカマは光るのですが背景がすっきりせず、正面気味順光からですと線路脇の標識などが細かく邪魔になります。

線路反対もいいんですが、カマは陰でつぶれます。

Pb294190silky_169

2008年11月22日 (土)

2008年も第四コーナーを周りました。

Imgp0882blog この三連休、一日は撮影に充てられるため、再度秩父に出かけました。

天候は前週よりも素晴らしかったですが、川の左の黄色の葉は全て散っていました。

K20Dで風景写真風にまとめてみました。こういう条件で撮るときにはK20Dは本当に素晴らしい画像を生んでくれます。

Pb224075blog_2 もう一台のE-3で錦秋をクローズアップ。一般の方が直前に前に入りました。ここでも右側の鉄橋裏の下の方の木々の落葉が一気にすすんでいます。

この季節は絶好の撮影の時期ですが、これと思った構図で撮影しておかないとあっというまに木々の表情が変わりますね。カメラマン魂をかきたてられて楽しい限りです。

  秩父は撮影場所に余裕がある場所が多いため、人が後から前に入り込むケースを頻繁に経験します。で、一般の方については文句は言えません。というのも、こういう方がいるからこそ観光客が増え運行が継続されると考えるからです。

他方でカメラマンでも平然と前に入ることが多いのも秩父の特徴です。一言声をかけるのがマナーやトラブル回避には不可欠と思います。また、先日は一般の方が構える前に、カメラマンが断りもなく入る場面に出くわしました。秩父は荒れ狂うカメラマンがいない代わりに、カメラマンマナーはいまひとつという印象です。

##########

Pb224097bwblog

返しの影森はススキが今一つでした。秋は初めてトライしましたが、

もっと大胆に切り取らないと、E-3でもK20DでもDR的にしんどいです。

************************

さてさて、来週は引っ越しの準備で出かけられないと思います。

12月はひさびさに真岡へMissing Pieceを探しに行こうと思います。

***

2009年は撮影回数を減らさなければならないでしょう。

今のうちにテーマを絞っておきたいと思います。

ご覧の皆様の今年の撮影はいかがだったでしょうか?

ぜひお気軽にコメントを残していただければ幸いです。

2008年11月17日 (月)

スクエアの魔力

こちらはK20D版。いろいろやってみましたが、やはり正方形のおさまりいいです。

いろいろ写真を整理して、そして今後の撮影計画を考えると、不思議と鉄橋狙いが多いことがわかりました。この鉄橋も芸術的にすばらしい美しさですね。

Imgp0835sqdblog

2008年11月15日 (土)

待てば甘露の日和あり

朝現地に着いた時には一面の曇り空。

しかし粘ってみたところ、通過の時にはお天道様が顔をだしてくれました。

Silkypixで工夫してなんとかイメージに近い形で現像できました。

完璧とは言えませんが、及第点はつけたいです。

足るを知らねばいけません。残された運航日も少ないので、残ったピースを埋めにいくべきです。

今回はK20DとE-3で(全く異なる構図で)撮ったのですが、仕上がりはE-3の方がいい時が多いです。不思議です。K20Dには16-50★をつけましたのでレンズに過不足はないし、かなり絞った状態での撮影です。ひょっとすると、K20DでD-レンジ拡大をONにするとISO200になってしまうため、小絞りボケが出てしまうのかもしれません。今後注意がいりますね(シャッター速度をかなり上げるか、D-レンジ拡大をしないか、快晴でかつコントラストが大きいときには判断しなければいけないですね)。

Pb154024silkysqdblog_3

より以前の記事一覧

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ