2012年4月 3日 (火)

4月3日

今日はフォーサーズの日。
自分はOM-Dに萌えるものがないので、引き続きトラッドフォーサーズ派ですが、いずれにせよ、5年以上メインで使ってきて、十分楽しめました。
そんな思いで今日の一枚。
E-7出てほしいなあ。。。

P5134988


2010年8月20日 (金)

拝啓、オリジナルフォーサーズ殿

ROMさせていただいておりますM2_pictlogさんのTBに参加させて頂きます。

***

ズイコー&ライカという納得のレンズ群、アウトドアで心配なくできるレンズ交換、全天候対応防塵防滴ボディ。印象的なブルースカイ。露出を1/3ほどアンダーにしておけばそれほど白飛びを気にすることもありません。広角を知るほどフォーサーズの良さを実感する。そして携帯性も十分です。

しっかりボディを出してほしい。

撮像素子とAFにブレークスルーがあるまで、代替できるシステムはなかなか見つからなさそうです。

2009年5月 3日 (日)

出発点

Oldpix20060503_17silky 三年前の5月3日、SL撮影を21年振りに再開したときの最初の撮影行の写真です。

E-300 & ZD40-150にて。

画像はいじらず、スクエアにカット(上下をカット)したのみです。

きちんと現像すればA4は問題なく、またA3でもスクエアなら印刷可能と思います。

私はAFフィルム一眼を経験していなかったのでオリンパス機といえどもAFやら解像やらでえらく感心しました。そしてカメラ沼の深みにはまっていきました。

***

それからかれこれ3年。SLについては完璧とは言えませんがかなりストックができました。シーズンも煙の期待ができない時期がきましたので、しばらくスナップ中心にいきたいと思いますが引き続きお引き立ていただければ幸いです。

2009年3月 6日 (金)

12MPで十分か?

CNETによるオリンパスの渡辺商品戦略部長へのインタビューでE-Systemとしては12メガピクセルは必要十分であり今後はダイナミックレンジや諧調再現などの画質改善により注力するとの発言がありました。

http://news.cnet.com/8301-13580_3-10189546-39.html

至極妥当な見解だと思います。画質を犠牲にしない範囲で画素数増加をしてほしいです。

***示唆に富む発言***

この発言は現在のデジタル一眼市場について大変含意に富んでいると思います。

なんといっても、普及帯の市場を考えると、フォーサーズで1200万画素、APS-Cで1500万画素というのは必要十分な画質を提供するということを示唆しているようです。

***ひとつの到達点?***

この二つの規格、フォーサーズが縦横3:4、APS-Cが2:3ですので仮にASP-Cの画角からフォーサーズ相当を切り出すと、その画素数の差は実は12%程度です。つまり両規格において概ねピクセルサイズに違いはなくなります。で現行のレンズサイズを前提にすると解像度においては現在のピクセルサイズあたりが当面の技術ではこの2規格にとってOptimalだということでしょう。ぜひ他社にもC-NETは同じ質問をしてほしいですね。たとえばAPS-Cで2000万画素を実現するとき、どの程度既存のレンズで対応できるのか。

ペンタックスで噂されるK30Dのスペックですが、画素数の大幅アップはないと言われています。APS-Cオンリーで来たペンタックスがこの方向であることも裏付けていそうです。DAレンズはデジタル専用レンズですが昨年K20Dを発売するときに標準ズームを改定しています。つまりAPS-Cでデジタル専用として開発してきたレンズ群でも1000万画素を超えた段階で一部手直しが必要になったということです。この状況は他社でも大きく変わらないだろうと想像しています(全社のレンズのスペックと許容錯乱円を調べてみる必要がありますが、ここは状況証拠で推論させていただきます)。

ユーザーから見た場合、1200万画素は350dpiA4サイズ、その200%リサイズでA2まで破綻なくプリントできます。個人的にはメインのプリントサイズはA4、時にA3までですのでまずは必要十分です。みなさんはいかがでしょうか?

私も一時期「より大きなプリント症候群」にかかりましたが、A3プリントは嵩張ってしかたありません。何しろ額縁に入れない限り鑑賞が面倒です。コンクールでも大きな写真は魅力的ですがしかし写真の本質は大きさよりも構図です。(と自分に言い聞かせています)。

また望遠を使って無駄ないフレーミングをすることで、十分2000万画素のフルサイズと補完できると思います。5DIIの2100万画素の周囲10%を(画質劣化分として)切り取るとすると1890万画素。フォーサーズに縦横を直すと約1700万画素。(1700/1200)の平方根をとると1.19となり、実質縦横それぞれ画素密度は19%増となります。これをどう考えるかになりますね。もちろんレンズ性能もあわせて。この考えから、ニコンのD3X普及機とレンズの出来栄えを見てからフルサイズ投入を決めようかと今は考えています。そうそう、ペンタの645デジタルも出るみたいですし。

***競争軸はどこへ?***

K30Dが画素数据え置きで動画対応へ。Kiss後継機も1500万画素クラスで動画対応がメインになり、今後は動画兼用がひとつの切り口になるでしょう。パナはカムコーダでシェアが高いですが、マイクロフォーサーズでこの市場を刈り取る姿勢を鮮明にしました。サムソンもパナと同様の戦略でしょう。迎え撃つソニーとキャノンはやはり普及帯のデジイチで動画機能を搭載せざるを得ないでしょう。まだパナの新機種の詳細を分析していませんが、AFとブレ補正がポイントであることは間違いないでしょう。

マス市場で1000万画素機が普及してしまった以上、単なる画素数増では買い替えを喚起するだけの力はなさそうです。ましてキヤノンやニコンはノイズ対策を打ってきたので画質改善の余地は小さくなりました。ですので、商売的にも動画対応が買い替え喚起に不可欠でしょう。

個人的にはミラーレス・EVF&LV搭載のフルサイズのレンズ交換式デジタルカメラが出ればうれしい。手ぶれ補正内蔵で。MF専用でいい。価格はせいぜい8万円くらいで出せるのでは?コシナさん、お願いします。

おそらくライカ版フルサイズの値段はこれからまだまだ下がるでしょう。そして裾野を広げてからレンズで利益を回収するのでしょう。フルサイズはまだ買いどきではないのかもしれません。

2009年2月17日 (火)

vario-elmarit

D700の作品が続いていたが、ひさびさに四谷まんじんさんがE-300&Vario-elmarit 14-50の作品を載せておられた。

 そして勢いあまって、Vario-elmar 14-150の作品を全部見てしまいました。

 絵の雰囲気からいうと私はすっかりフォーサーズに慣れてしまっていてD700の絵はいまひとつと感じていたのだが、今日久々にVE1450の作品を見て改めて自分の好みを確認した次第。

 パナライカのVE、いいですねエ。晴天下ではコントラストが抑制気味なのか少し眠い感じになる傾向もあるようですが、発色自体は特に原色系はしっかりでてます。のでそれが却って味になってます。オールドレンズっぽいというのか、SilkypixのK調(コダックエクタクロームか?)というのか。で暗い所にいくと何とも言えないしめっぽさ。ズミルクスを使ってみてパナライカに対する評価は高いので、これにVE系を一本入れると他とは違った写真になりますね。おまけにアートフィルターで使ったら、独特の絵が作れそう。

 VE14150、いろいろ見比べてみましたが、解像はZD1454よりやや上、ZD1260よりやや下。合格点でしょう。

 パナソニックはいい仕事をしていると思いました。LX3にも根強い人気があるようですが、うなずけます。

2009年2月16日 (月)

帰ってこいよ~

先日E-3と主力レンズ2本を点検に出したが今日連絡があり、ピントは完璧だったとのこと。早く戻ってこないかな。今週末にはまた使ってみたい。

1454と50マクロを50mmで比較してみた。どの絞りでも50マクロがシャープだった。わずかな差だが、50マクロのほうがコントラストが鮮明。次回山口に行くとき35mm換算100mmの軽いレンズが欲しかったが、50マクロを久々に登場させることにする。

+++

例の5DII or 900の件、レンズのことでも書こうと思ってデータを見直してみたが、このポイントに来ると萎えてしまう。純正で望遠ズームに絶対的なレンズがない。アダプタ遊びならEOSにならざるを得ないのだがなあ。。。この件、じっくり考えて続編を書いてみますね。

2008年12月16日 (火)

FTユーザーOnly ZD150/2にテレコンEC1.4をつけるべきか

35mm換算300mm相当より若干長いのが欲しいとき、300mmで撮って若干トリミングするべきか、EC14で概算400mm相当で撮影すべきか。

このユーザー以外どなたも興味のないであろう課題についてISO200、400で絞りを変えて切り出し画像の大きさをそろえて比較しました。

サンプルはあまりに多いので省略しますが、結論は、「F4及びそれより解放サイドではEC無しが優位。F4.5からは両者の差はかなり接近する」です。開放寄りではテレコンをつけた方が輪郭がわずかにぼーっとなります。F4.5以上絞れば両者の差は縮まります。ただ、動き物の撮影ではおのずと少しでもシャッター速度を稼ぎたいですので、なるべく解放よりで使いたいですね。となればテレコン無しでいくほうがいい結果になりそうです。

実は過去の経験からもほぼ同様の感触を得ていました。

できればいずれZD50-200SWDとZD150で@150mmでの対決をしてみたいです。

***

2008年6月25日 (水)

E-3以降のマインドコントロール

オリンパスがLiveMOSへ本格以降したE-410登場から1年余り。

E-3でISO400程度の高感度が常用できるようになり、手ぶれ補正も手にいれ、ちょっと心配なら-1/3補正しておけば通常問題ありません。

で、E-3登場で位置づけが高まったのは竹レンズ群ではないでしょうか?レンズの明るさは必要十分で実用レベルではなんの問題もありません。E-500のころにはISO400を余儀なくされる環境(夕方雨のなかでのSL撮影など)では、時として竹レンズでも妥協を余儀なくされました(特にノイズやジャギー)が、今は妥協は不要です。

14-54のコストパフォーマンスと携帯性の良さには目を見晴らされます。

気軽な撮影には14-54と50-200があれば必要十分ではないかと、ますますマインドコントロールにかけられた感じ。物欲が沸いてしまいます。。。

2008年6月15日 (日)

常用ズーム

写真にのめりこんで3年でおこがましいかもしれませんが、最近は特に鉄撮りでは単焦点を多用しています。プラナーなどは完全MFですが、携帯性抜群ですし、オリンパスのライブビューは置きピンには最適。

ZDズームレンズで最近出動するのは11-22。標準域のズームは持っていません。

ですが、レンズの整理の過程で諸般の事情から14-54を入手しました。これがいいんですよ。

まず435gと軽い。防塵防滴。焦点距離は35mm換算で28-108mmで、通常の街撮り、風景ともにまず十分ですね。描写の印象は、柔らかすぎず硬すぎず。最短撮影距離22センチ!今日少しシビアにチェックしてみましたが、自分の中では合格です。ホンキの撮影でも信頼に足ります。しかも、12-60投入もあってお値段は軟化気味。CP,高いです。

***

さてさて、ZD25はまだまだ品不足かと。少しは仮需はあるかもしれませんが、ユーザーも、中途半端なコンデジより、使い勝手のいいデジタル一眼をいつも携帯したいんでしょうね。この際ですから、ファームアップで正方形モードを入れて欲しいです。

***

今日は久しぶりにモノクロJPEG撮って出しです。

P6141808blog

2008年6月 4日 (水)

ZD25mm に思う

オリンパスオンラインショップを見ているとなかなかZD25の受注再開になりません。

自分は発表直後に予約し発売直後に入手したのですが、これは親父にプレゼント。

さて、最近、尊敬する四谷まんじんさんや、kumohaさんのお写真を見ていて、カメラを常に携帯したいと考え、いろいろコンデジをチェックしてきました。DP1、GRD II、R8などなど。

でDP1にかなり心を惹かれたのですが、店頭での感触は、使用感はフルマニュアルのフィルムカメラのよう。新品でほぼ9万円、中古でも7~8万円とすれば、レンズが買えちゃいますね。ここまで出してFOVEONにこだわるなら、どうみてもSD14に行くのが筋かと。本体なら実質SD14もDP1もほとんど値段が変わりません。

冷静に考えると、やはり今動態保存しているE-500をどうするかを考えます。E-500やE-410にZD25mmを付けて鞄に忍ばせておけばDP1の代替以上でしょうし、追加投資はまったく低くなります。

世のオリンパス・フォーサーズユーザーの多くが同じ結論に辿り着いたに違いありません。どうせデジタルは2年もすれば安くて更にいいものが手に入ります。使い倒すことこそ正しい使い方なわけですね。

ZD25mm、しばし楽しみに待ちたいですね。

より以前の記事一覧

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ