2019年1月 6日 (日)

keep out, please

Img_4832

2018年12月29日 (土)

平成30年、今年もお世話になりました(少し早いですが)

P7500125

今年もこのブログをご覧いただきどうもありがとうございます。

最近更新ペースが鈍くなっておりますが、仕事、家庭の事情などが重なりました。ご理解いただければ何よりです。

今年の撮影は、テーマを追っての作品作りは専らCanon 6D Mark II、鉄道と旅行はE-M1 Mark II、スナップには初代GX7というローテーションでした。カット数はおそらく6DIIが最も多いかと思いますが、持ち歩き頻度で言えば圧倒的にGX7、これにPanasonic 20/1.7IIというのが定番です。

時々富士のX-Pro2を入れたい衝動に駆られていますが、携帯性と画質のトレードオフを考えるとGX7+20/1.7IIが最強です。これにD Summilux25/1.4(いわゆる大ズミ)を付けてがっしり撮影する日がとれればいいなあと思います。

さて2019年は元号も変わり、新たな出発になります。皆様もますますのご健勝となるよう、心からお祈り申し上げます。

2019年6月13日-19日に第二回の写真の個展を予定しております。こちらでもご案内いたしますので、ぜひお立ち寄りいただければ幸いです。

2018年11月 8日 (木)

Seasonal Greetings, Nov 2018

Img_4478

2018年10月23日 (火)

Seasonal Greetings, Oct 2018

Img_4234

2018年10月16日 (火)

帰還

Pa133466

初めて成田ゆめ牧場のSLを観てきました。

最近はこういうヒューマンタッチな小さなSLに興味を持っています。

E-M1 II&40-150/2.8で撮影を楽しめました。

2018年9月24日 (月)

SEEDS OF LIFE

P7490752

パナソニックのD Summilux 25/1.4にて。いわゆる大ズミです。
私のスナップには結局換算50mm以外ありえないのですが、
しかしこのレンズの良さをまだ引き出せません。
人をとれば完璧ですが、そうでないときにどう使うのか。
最短撮影距離が38cmで寄りきれない(小ズミは30cm)のですが、
パナのボディであれば小ズミにはない絞りリングを使えるので大ズミは手放せません。
なんとか使いこなせるように、1年ぐらいじっくり付き合ってみたいと思います。

2018年9月17日 (月)

家路

P7490774

2018年9月16日 (日)

Seasonal Greetings, Sep 2018

P9163290

2018年9月 6日 (木)

富士フィルムのXF10に惹かれる

XF10は2018年7月に発表された富士フィルムの固定焦点(28mm換算)のコンパクトデジタルカメラです。
メディアの注目も今ひとつ、私もあまり気に留めていなかったのですが、そのスペックをみると、GRIIを上回るポテンシャルがあるように感じ、俄然興味が高まっています。
あまり目を惹かない理由は搭載されているCMOSがいわゆるTransCMOSではない一般的なものであることが大きいと思います。
しかし35mm、50mmのデジタルコンバータがついていること、そもそも2400万画素あるため、50mmを切り出しても1344万画素確保できるため、A3プリントくらいは十分できること、価格もお手頃なことから、常時携帯できるカメラとして注目できます。

ちょっと考えて見ましょう。

2018年9月 4日 (火)

C11が真岡鉄道を卒業!?

Img_2653

今年はC57はほぼ全休ですので、SL撮影はおやすみのつもりですが、真岡鉄道がC11の譲渡を検討しているとの報道がありましたので、少し通ってみようと思います。真岡にはC11はパワーがありすぎるので、これまでC12ばかり狙って来ました。そう言うわけでC11の写真がほとんどありません。しっかり記録しておきたいと思います。

«念願の丸瀬布

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ